実際の体験談をご紹介

パン屋の開業資金を借入しました。(男性/30代)

男性/30代

私は現在、脱サラをしてパン屋で生計を立てている32歳の男性です。

子供の頃から、のどかな環境でパン屋を開くのが夢でした。

ある程度、サラリーマンとして働いてお金を貯めて、
店の経営にピッタリな建物を見つけたことから、会社を辞めて開業する決心をしました。

ただ、開業資金は自分なりにしっかり用意したつもりだったのですが、
調理器具や店の内装などで想像以上に多くのお金がかかってしまいました。

そのため、お金が足りず、ビジネクストという事業者向けカードローンを利用することにしました。

実際に申し込みをして感じたのは、思っていたよりも融資を受けるのが簡単だったことです。
本人確認書類と確定申告書などを提出するだけでOKでした。

また、法人としてこれまで借金がなかったためか意外と審査も早く、即日で融資してくれました

審査では事業者の返済能力をもっと厳しくチェックされると思っていたので、少し拍子抜けしました。
おかげで、借入したお金を店の開業資金として使うことができました。

そして、予定通りにパン屋をオープンすることができて、本当に嬉しかったです。

パン屋の経営は開店当初から順調だったため、借りていたお金はATMからあっという間に返済することができました。
これからお店を開きたい人や事業を始めたい人にとって、事業者向けカードローンはかなりオススメです。

数ある融資商品の中でも、口コミ評価の高い事業者向けローンをピックアップしました。

  1. ビジネクスト

    赤字決算でも申込み可能、無担保無保証・来店不要で書類提出後3日程度で融資してもらえる

  2. ビジネスパートナー

    他社の審査に落ちた場合でもOK、最短即日審査で無利息サービス有り、コンビニATM利用可能

  3. 資金調達プロ

    売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用、銀行融資を断られた方向け

その他の体験談

法人が融資を受けるメリット

事業を拡大・発展させたい法人経営者にとって、融資を受けるかどうかは悩むところです。

金融機関から借入することに良いイメージを持たない人もいますが、実際には様々なメリットがあります。
融資をうまく活用すれば、事業をスピーディーに拡大・発展させることができます。

そこで、融資の持つメリットをチェックしてみたいと思います。

タイミングを逃さない

事業を安定して継続させる上で大事なことは、タイミングを逃さないことです。

「お金を貯めてから参入しよう」と思っても、お金が貯まった頃にはすでに競争が激化して、
ほとんど儲からない市場に変化している可能性もあります。

早いタイミングで参入していれば、大きく儲けて資金を拡大させることができたかもしれないのに、
判断を間違えたことで事業が失敗してしまうことはよくあることです。

お金を貯めてから新しい市場に参入しているようでは、時代に取り残されてしまいます。

融資を受けることは、タイミングを逃さずに事業に取り組める大きなメリットがあるのです。

信用力が増す

借入実績と返済実績を残すことで、金融機関の信用力が増します。

金融機関から信用が得られれば、いざという時にすぐに融資を受けることができます。
特に、銀行は初回融資のハードルが高いので、お金がすぐに欲しくてもなかなか融資を実行してくれません。

事業を始めたばかりの法人だと将来が不透明なので、金融機関も融資すべきかどうか慎重になります。

なので、まずは相手に信用してもらう努力が必要です。
事前に融資と返済の実績を残しておけば、短期間で資金調達をすることが可能になります。

まずは少額でもいいので、いざという時に備えて融資実績を作っておきましょう。

実績ができれば、一度も融資を受けたことがない法人に比べて、より大きな資金調達が可能になります。
取引実績が増えれば、さらに次の融資を受けやすくなるのです。

法人を運営していると、販売先からの入金遅れや売上減少など、予定外のことが度々発生します。

資金にゆとりのある法人であれば柔軟に対応できますが、そうでない法人は対応しきれない場合もあります。
そんな時に助けてくれるのが銀行などの金融機関です。

前もって融資を活用しておけば、本当に融資が必要になった時に金融機関が助けてくれます。

融資が必要な時に借入できないと、経営も一気に傾いてしまい、事業失敗に追い込まれる可能性があります。
そのようなリスクを防ぐためにも、前もって実績を残しておきましょう

また、銀行から融資を受けていることは、取引先に対する信用にもつながります。

新規取引を行う場合、取引先は相手が信頼できるかどうか知るために様々な調査を行います。
銀行から融資を受けているということは、銀行の厳しい審査を通過したということなので、信用できる相手だと判断してもらえます。

企業が取引先を選ぶ際に行う信用調査よりも、銀行の融資審査のほうが一般的に厳しいので、
取引先に信用力や安心感を与えるメリットがあります。

法人が取引銀行を公表する理由は、このような背景があるからなのです。

レバレッジ効果がある

融資はレバレッジ効果を生み出してくれます。レバレッジとは、借入金の比率のことです。

金融機関から借入すると金利を支払う必要がありますが、融資を受けたことによって
生み出された利益が金利を上回った場合は、借入したことに大きな意味があったと言えます。

金利よりも高い収益率が期待できる事業であれば、借入をしたほうが効率が良いです。

そのような事業は融資を受けるたびに、利益が拡大し続けることになるので、遠慮せずに融資を積極的に活用しましょう。
融資を受けることによって資金力を一気に高めることができるので、短期間で事業を成功させるのも夢ではなくなります。

融資を受けて事業が拡大すれば、コストの低下につながるとともに取引先に対する交渉力も高まります。

そして、生産量が高まれば経験値も増し、生産効率が高まるという流です。
融資を受けることで好循環が生まれ、事業の長期安定や収益増加につながっていくのです。

レバレッジ効果はハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンという特徴があります。

レバレッジが高いほどハイリターンを狙うことができますが、
ハイリターンはハイリスクでもあるので、慎重な判断が必要になります。

レバレッジが低いとローリターンになりますが、リスクも低いので投資が失敗した時も大きな損失を避けられます。

事業発展が加速する

融資を受けることによって、事業の発展を加速させることができます。

事業を運営していると、商品開発や設備投資など様々な投資が必要になります。

コツコツお金を貯めて事業を地道に拡大していくこともできますが、そのようなやり方だと
事業を軌道に乗せて成功させるのに何十年という時間がかかってしまいます。

時代の移り変わりが激しい現代社会では、お金が貯まるまで待ってくれません。事業を発展させたいなら、スピードが大事です。

融資を活用すれば、投資のタイミングを常に的確に捉えることができるので、必要な時にすぐに事業を展開できます。

事業者向けカードローンでチャンスをゲット!

事業者向けカードローンには、申し込みが簡単で融資が早いというメリットがあります。

申し込みで必要になる書類は、本人確認書類と確定申告書や青色決算報告書くらいなので、
手間がかからず急な融資が必要になった場合に大変便利です。

また、審査基準も銀行に比べて緩めなので、信用情報に問題がなければ審査に通る確率が高くなります。

さらに、総量規制の対象外になるため、年収の3分の1以上を借りることが可能です。
事業を発展させたい時は、ビジネクストなどの事業者向けカードローンの利用を検討してみましょう。

融資を利用して事業を発展させよう

金融機関から融資を受けると信用力が増したり、事業発展が加速するなど様々なメリットがあります。

日頃から取引実績があれば、いざという時にすぐに融資を受けられるので、将来のリスクを軽減することにも役立ちます。

ビジネクストのような事業者向けカードローンなら、簡単かつすぐに融資が受けられるので、チャンスを逃したくない時に便利です。